チバPのブログ

もう、このまま突っ切るぞーヽ(*´∀`)

拒食症と痩せ信仰と子どもたち…く、暗い!暗いけど勉強にはなると思います!

今の時代、痩せていることに価値が置かれていますよね?

まあ、太り過ぎは健康に悪いし、それなりの体型維持は必要だとは思います

しかし、今の社会の痩せ信仰は

うーむ

行き過ぎ?な気もします

この痩せ信仰の一番の犠牲者は、知識や経験の少ない子どもです

そして、真面目で、完璧主義な頑張り屋さんの子ほど危ない

真面目だからこそ、日々の暮らしで自然と溜まったストレスを発散するため…

極度のダイエットに走ってしまうんです

うまくいかない事が有ると、原因を探すのが人間ですよね?

特に悪いことをしている訳でも無いし、逆に努力していることばかりなのに、必死に頑張っているのにうまくいかない

 

と、すれば…

もしかして、自分が太っているから?だから努力も頑張りもダメになっているのかな?

痩せている子はそれだけで褒められて、羨ましがられてる

そうか!自分が太っているからダメなんだ!

痩せていることが価値になっているこの社会では、こういう思考にはまりやすくなるんです

 

うまくいかない事に関して、これという原因が無い場合、当然何がダメなのかが分からない

でも、なんとか改善したい!頑張ってうまくいくようにしたい!

この頑張りたいという心が強いほど、ダイエットの罠にはまってしまいやすいんです

さらに、ダイエットの厄介なところは、ストレスの発散にもなってしまうことです

強いストレスにさらされると、どういう仕組みかは分かりませんが、自傷行為をしたくなるんです

とにかく自分を自分でいじめたくなる

ダイエットは自傷行為には打ってつけで、しかも痩せて皆んなに褒められるようになる

これは依存しちゃいますよね

ダイエットに依存してしまった病気が

拒食症です

拒食症は命に関わる病気で、もし、助かったとしても大きな苦しみが待っています

この苦しみは自分を虐めた代償みたいなもので、チバ Pの場合、10年以上、苦しめられました

毎日毎日1秒だって楽な時間の無い日々

どうしたらいいかも分からずに、何をしても逃れられ無い…

この精神的な苦しみの他に、身体にもダメージが残る場合もあります

もっと他にも有るかもしれませんが、チバ Pが心配されたのは二つで

糖尿病と脳萎縮です

奇跡的にチバ Pは、糖尿病を免れることが出来ましたが、脳萎縮にはなってしまいました

チバ Pの場合、成長期に拒食症になったので、脳萎縮が起こりやすかったのかと

この脳萎縮、チバ Pは受験の時も大学時代も悩みのたねでしたねー

脳萎縮のせいで覚えられないんだとか、説明が理解出来ないんだとか

まあ、もとからそんなに出来が良かった訳でも無いのですが

ああー…それにしても暗くなっちゃいました

いろいろ厄介な拒食症ですが、いつか必ず楽になれます!

とにかく、理想を高く持つ!とか、諦めないで頑張る!とかは…良くない!てか、ダメ!

理想なんか無くても問題ないし、どんどん諦めちゃって下さい

自然とやればいいんですよ

 

 

 

 

 

 

でっかいロールケーキを一本買っちゃうお父さん!3人しか居ないのに〜

チバ P家はなんと全員が大の甘党なんです!

甘いのめっちゃ好き(●´ω`●)

だからですねー

家の中に甘いお菓子が無くなったことが有りません!

なんとまあ!

そんなチバ P家の中で一二を争う甘党大王がチバ Pの坊やなお父さんです

小さい頃は病弱で、チョコを食べると何故か鼻血ブーだったチバ P父は、チョコを食べることを禁止されていたそう

大好物のチョコを禁止されたチバ P父、とっても悲しかったことでしょう

でももう大丈夫!

チバ P父は思う存分、チョコを楽しめるようになりました

やったね!ヽ(・∀・)

ついこの間も、チバ P父、チョコもりもりのデカデカなロールケーキをウキウキしながら買ってきました

チバ P家、今3人しか居ないのに!

夜だったこともあり、ロールケーキは次の日に食べることに

チバ P父、ちょっとガッカリ

次の日

チバ Pはロールケーキを三等分に切ってみました

で、デカ!

やっぱりデカ!

チバ P:「デカくないコレ?」

おばあちゃん:「こんなもんだろ」

さ、さすが!おばあちゃん!

黒砂糖の塊が大好物だっただけはある

デカいデカいと言いながら、チバ Pも甘党

ペロリと食べちゃいました

えへ( ^∀^)

そうこうしているうちに、チバ P父帰宅

チバ P:「お父さんのは一番デカいやつにしたよー、ヤバくないこの大きさ?」

チバ P父:「普通だべ」

チバ P父は夜ご飯をしっかり食べた後、嬉しそうにケーキをほおばっていました

うーむ

チバ Pの感覚が変なのかなぁ?

デカいと思ったんだけどなぁ〜ケーキ

 

 

 

動物病院に居たリクガメ…デカかったなぁー

文鳥のぶんちゃんの血が止まり、ほっとしたチバ Pです( ´∀`)

いやー、ちょー焦ったでごんす

それでですねー、チバ P、人生で初めて近所の動物病院に行ったのですが…

凄かったです!

何が凄いって…

リクガメが!

アレは絶対にケヅメリクガメですね!

子どもが乗れちゃうリクガメです!

チバ Pの隣りに普通に居てビビりました

更にですねー、リクガメの他にもデカい金魚が5匹ほど、30㎝はあるであろうミシシッピアカミミガメが2匹いました

さすが動物病院!

ずっと待ってられますねー

٩( 'ω' )وウキウキ

チバ P、実はリクガメが大好きで、本気で飼おうとしたことも一度や二度ありました

費用と体力面で、泣く泣く諦めたんですよー

リクガメ、ケージが2万円とか…高い!

毎日のお野菜を育てるのとか…体力がついてかない!

でもいいもん!

チバ Pにはかわいいペットたちが居てくれるから〜✌︎('ω')✌︎

 

 

ぶ、ぶんちゃんがぁ〜(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`)

お、落ち着けチバ P!

すーふーすーふー

よし!

今日、動物病院に行きまして、ぶんちゃんの長くなった爪を切ってもらったんです

そしたら

深爪で、ぶんちゃんの爪から血がでたんです!

止まり木にも血が付いて、びっくりしてしまいました…

チバ P、ショックでショックで…

その後書いた住所や名前、ちゃんと書けたか自信が…

診察券を確認

チバ Pとぶんちゃんの名前しか書いてないー!

はぁー。

てかチバ P、またオドオドしまくってしまい…

健康診断のお願いをすっかり忘れてしまいました

ガックシ(~_~;)

こんな飼い主でごめんよ!

唯一の救いは、ぶんちゃんが元気なことです

流血しても、本人はへのかっぱでしたねー

チバ Pだけ異常にオドオドしてました…

も、もっとしっかりせねばー!

f:id:chibaP:20200708095016j:image

 

 

顔が小さめだから…女の子だろうか?

チバ P、滅多に野良ネコに遭遇しないのですが

今日、会っちゃいました〜

ジャーン

f:id:chibaP:20200707162230j:image

見た感じ女の子でしょうかね?

岩合さんは顔の大きなオス猫が好きって言ってるし…

ちょこんと座ってますねー

でも顔はワイルドな感じです

ノラ猫は一味違いますね〜

そう言えば、ノラ犬、すっかり見なくなりましたよね?

昔はちらほら居たような気がしたんですが…

チバ P、結構好きだったのになぁ〜

追いかけられた時は死ぬほど怖かったけど

 

まさかの芯止め(しんどめ)!きゅうりの悲劇!

芯止めとは、植物の縦に生長する箇所をチョッキり、或いはバッサリと切ってしまうことを言います

有名なのは…リンゴの木ですかねー

栽培されているリンゴの木って、横に広がって大きく生長していますよね?

この場合は、リンゴの実を収穫しやすくなる、などのメリットが有るからするんです

あえてね、するもんなんですよ

 

悲劇が起きたのは…

ある夜のことでした…

なんと!ひょうが降ってきたんです!

夜中だったんで、チバ P、ビビりましたねー

チバ P、ひょうに遭遇した経験がほとんどないので、飛び起きちゃいました

まあ、ビビったのは最初だけであとは寝ちゃったんですけどね

そして3日くらい経ったかなぁ?

おばあちゃんが畑に植えたきゅうりの前でしゃがみ込み、ガッカリしてたんです

どうしたのかなぁ?と、近づいて訳を聞いてみたところ、

大切に育てていたきゅうりの一本が、芯止めされてたんですよー

生長点がポッキリやられてました…

まだちっこいのに…

 

それから月日が経過し、きゅうりの芯止めがどれだけ悲劇なのかが分かりました

い、1ミリも大きくならない…だと⁈

ずーっとちっこいままなんですよー

芯止めの威力、恐るべしですねー

意外なところに弱点ってあるんだなぁ〜

f:id:chibaP:20200707121902j:image

 

 

 

 

 

 

七夕ですね〜

チバ P、七夕と言えば…

小学校の給食に出てきた七夕ゼリーを必ず思い出します!

幼稚園の時も短冊飾りを作ったりしましたねー

いやー、懐かしい!

思えば、季節を感じる行事って、大人になるにつれ疎遠になりますよね

チバ Pも今日が七夕だってこと、さっき気が付きましたもん

昔は何日も前から、もう6月から既に七夕を心待ちにしたものです

今日は、と言うか最近は雨なのでいつも曇り空

七夕だから星でも見ようかと思ったのにな〜